はじめての方はこちらから

2012年3月11日日曜日

震災から一年…


我が家も震災を体験し、その後、ココアは地震の恐怖症で少しの余震でも逃げるようになりました。6月にうるめが天国に旅立ち、8月には震災を知らないひじきが家族に加わりました。年末にはみるくが病気になり高齢での手術を乗り越え、色々なことがあった1年でした。でも、今家族は元気で暮らしています。有り難いと思います。
そして、私のつたない言葉では言い表せない様々な思いがあります…
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へいつもポチッと有難うございます

18 件のコメント:

メルヘン さんのコメント...

早いものですね。
関西はそれほど被害は無く、職場で地震を体験しました。
関東にいる息子と連絡が取れず、本当に心配しました。
その後、息子や妹のところで水や物資の不足・・。
関西でも買い占める人が増え、物資を送りたくても物資が無く、また到着はいつになるか分らない・・そういった状況でした。
離れて暮らす家族がいると、心配しかできません。

津波の被害に遭った人。
原発の被害に遭っている人。
家族と離れ離れになってしまったペットたち。

想像するだけで、涙が出ます。

まだまだ私たちにもできることがあるはず。
そう思って日々暮らしています。

被害に遭われました方、そのご家族のこれからの幸せを願って

合掌

マロママ さんのコメント...

みんな幸せに暮らしたいですね^^

maokon さんのコメント...

今、ここにこうしていられること、
有り難いことですね。

レオまま さんのコメント...

どれだけ時間がかかろうと、一歩ずつでも確実に前に進んでほしいと切に願っています。
当たり前の生活ができることにもっともっと感謝して日々を過ごしたいですね
そしてずっと応援し続けていきたいです。

桃千代 さんのコメント...

今日は、関西でも冷たい雨が降って、空が泣いているように思えました。
被害はありませんでしたが阪神大震災を経験した私には、あの日の揺れは、普通の地震ではないということが直感で分かりました。
そして、慌ててテレビをつけてしばらくして、流れ始めた映像の衝撃…今でも、忘れられません。
震災を知らない子…うちのミルクもそうですが、そういう子達が怖い思いをすることなく生きていける未来でありますように…。本当に、そう祈ることしか出来ません。

珠季 さんのコメント...

しめじさん、こんばんは☆
珠季です!
2年前の3月11日に脚が二本おれたぼろぼろのマーチに出会いました。
3月11日はいろいろと衝撃的な日だと思ってます。
マーチは今日も元気によく食べよく寝てます!本当に命のありがたさを実感します( i _ i )!
ひじきくんは8月に加わったのですね!!震災のことやうるめちゃんのこと、しめじさん達のことはみるくちゃんやココアちゃん達が教えているんだろうな~って思いましたo(^ ^)o☆授業してたりして~☆

Anne さんのコメント...

普通に過ごしていても、一年の間には色々なことが起きるのに、あの震災は一瞬ですべてを奪われてしまいました。
余震も多くて怖い思いも多かったことでしょうね。
今も続いてますけれど。
当事者ではない私には、電力会社、政治家、そして報道の嘘が良く見えたことがとても大きかった一年でした。
これでは被災者がもとの生活に戻るための準備も整わない訳です。
こんな時でも利権が大事な人たち。

地球が活動期に入ってるのは何年か前に聞いていましたけれど、まだまだ東京や東海も危ない!
不安が心の片隅にあるままな生活が続きますね。
今を大切に、感謝の気持ちを忘れずに過ごさなければと思います。
そして出来ることを続けることが大切ですね。

めががん さんのコメント...

辛いこと苦しいこと新たな出会いと、
しめじさん家では、いろいろなことがありましたね。
けれど、家族全員んで乗り越えてゆく
強さのようなものを教えて戴いた気がします。
震災が起きて1年という時間の経過の中で、
溢れる思いはたくさんあるのだけれど
うまく言葉にできません。
ただ、震災以降、生きていく価値観は変わりました。
家族全員で過ごす時間は、
当たり前のことなんかじゃなくて、
とても幸せなことなんだと
感謝しながら毎日を送っています。

被害に遭われたすべての方が、
心落ち着いて過ごせる時が
訪れるよう心からお祈りいたします。

りえ姉 さんのコメント...

色んなことがあった1年だったね

去年の3月11日は
もう東北に住んでる猫友が心配で心配で
毎日名前がないか調べてたよ
みんな無事でよかった


だけど
いまだに2組の猫友は家に帰れない
一人は家自身解体されてさら地になった
辛いよね
何もかも失った
猫もまだみつからずやし


りえ姉もまだ阪神大震災の揺れを身体が覚えてる
神戸の街がなくなった記憶も鮮明に覚えてる

きっと東北の人たちも
完全に心のキズを癒されることはないのかな

りえ姉 さんのコメント...

コメントが途中で切れちゃった^^;

まだまだ辛い人もたくさんいてるだろうけど
去年の3月11日から時間が止まってしまった人もたくさんいてるだろうけど
頑張って乗り切ってほしい


本当に辛いだろうなぁ
わかるはずもない苦しみだろうなぁ
りえ姉は何をしてあげられるのかな

みつ江 さんのコメント...

1年は早かったような遅かったような、
奇妙に感じられる1年間でした。
日本にとっては大災害。
震災番組を改めて見てなんだか気持ちを新たにしました。

先日の映画の猫マンガ、元の映画見てないです。(汗)
またどっかで映画見てみます!!!

maru さんのコメント...

昨日は一日リビングに座りテレビをずっとみてました。
そして今日の朝恐ろしいくらいのはれぼったいまぶたになってしまった(_ _;)

伝えたい事をうまく伝えるのって本当に難しいですよね。
でもきっとお互いのことを思いやっていれば言葉なんかうまくなくったってきっと伝わると思いますよ。
そんな家族や仲間と一緒ならがんばっていけるはずだと信じています。

私しめじさんの温かい絵大好きですよ♪

たにやん さんのコメント...

あの日を境に日本のいろんなことが変わってしまったと思います。
当たり前だったことが当たり前でなくなって。
でも、ひじきちゃんのように新しい世代が生まれてきて、新しい光は必ず差してきてくれるんだなと思います。
ブログを見ているみなさん、これからも大変なことがあると思いますがいいことも必ずあります。一緒にがんばりましょう。

3にゃんママ さんのコメント...

あれから1年。。。
あたりまえに生活できる幸せをあらためて感じさせる出来事でした。
まだ仮設住宅で不自由な生活を送る方々や、家族と会えないでいる方々。
そして、まだ飢えて彷徨っているたくさんの動物たち。
皆が普通の、あたりまえの生活が送れますように。

しめじ さんのコメント...

皆さんへ
お心のこもった温かいコメントを頂き、本当に有難うございました

私も、テレビなどで流れる被災地の余りにも深刻な現状に、色々な思いが込み上げてくるのですが、言葉でうまく表現することができません。涙、涙、涙…
自分たちに出来ること、続けていきたいと思います。


平穏に暮らせる事が何よりも幸せだと実感します。
日々感謝しつつ、大切に過ごしていきたいと思います。


珠季さんちのマーチちゃんは、脚が2本も骨折した状態で保護されたんですね(T_T)
でも、元気になって本当に良かったです!!

よをこ さんのコメント...

あの震災から一年…生活や人生観が大きく変わりました。
被災地の方々の復興と生活の安定安全は大きな日本の課題ですが、被災した動物のこと忘れたり諦めたりしてほしくないです…。
福島等での言葉に出来ない様な置き去りの動物たちたちのことを思うと、まずは人命最優先とはいえ…この酷さを絶対繰り返さぬよう変えていかないと。そしてまだ生きてる彷徨ってる犬猫たち、なんとか救いたいです。
人に命を担われているペットへの責任、自分の子は絶対自分が守らなくてはと深く思い知り決意しました。
この先、関東に起こると言われている大震災…絶対に起こってほしくないけれど、いざというときの備えや段取り意識して毎日を大事にいきたいです。
猫たちに、元気と癒しをもらって、がんばっていきたいです!

のりすけっち さんのコメント...

大したことは出来ないですが、私に出来ることで応援して行きたいと思っています。
とはいえ、私の親戚たちにも何も出来てないですけどね。
叔母さん家は原発からは少し離れていますが一時屋内退避(?)になっていましたので、上京したらどうかと言いましたが・・・。
福島から一度も離れて生活したことのない年寄りです、何もなくても上京して田舎者と言われてると思うと怖いんですよね。
だから、「福島から出てきた?放射能は・・・」などと言われてると思いながら肩身の狭い気持ちで生活をするのはイヤだと言っていました。

原発の問題もまだまだ解決しそうにないですよね。

ホントに心配しか出来なくて情けないです。

こんなことがもう二度と起きない事を願います。

匿名 さんのコメント...

あの大震災から1年 ... どうか視聴にご協力ください。

東日本で被災地の支援活動のドキュメンタリー動画

http://youtu.be/RIAfO5g195U