はじめての方はこちらから

2011年1月19日水曜日

第42話 うこ吉のこと・・・

♪ CDの紹介 「free」LIBERA ※ 試聴「生まれくる日
この音楽を聴くと、うこ吉のことを思い出します。
 
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ いつもポチッと有難うございます(現在4位)。

40 件のコメント:

奈津 さんのコメント...

うこ吉くん、そうだったのですね。
いつまでもいつまでも、家族ですから^^

また楽しいうこ吉くんのエピソードが読めることを
楽しみにしています♪

tama さんのコメント...

う、う、うこ吉くん・・・・マウス画でもちょこんと描かせていただいたうこ吉くん・・・
そうか、2回目の命日だったのですか・・・・
寿命、短いんですね・・・・
そうだったんだ・・・・

天国の扉の前で、きっと水浴びしてますよ☆
マンガの中で元気に飛び跳ねるうこ吉くんを
これからも楽しみにしています!!

爽也 さんのコメント...

うっそ〜!
とっても悲しいけれどうこ吉くんはしめじさんご夫妻の元で
幸せな生涯を全うしたんだと思います。
ハウスにしたって食事にしたって本当に愛に満ちていましたから。
夏の水浴びの写真も本当に幸せそうなお顔してました。
うこ吉くんは庭に白いお花を咲がせながら、天国の門の前で
ずっと待っているんだろうな。
でもそこには仲良しだったこげ吉くんもいるから寂しくないですね。

うこ吉くんは僕らの心の中にも生き続けていますよ。
うこ吉くん、ありがとう。

flower さんのコメント...

うこ吉くんがもういなかったなんて・・・
もう涙ボロボロです
そうでしたか・・・
この3行を書くのに涙を拭いたり鼻をかんだりして
何だか時間がかかってしまいました (;△;)
しめじさんのおウチの花壇で眠っているのですね
お母様のお話で又ボロボロボロ・・・
私もtamaさんと同じように思います
天国の扉の前にいてくれることでしょう^^
これからもこげ吉くんとうこ吉くんの
楽しいお話を楽しみにしていますね

LON さんのコメント...

うこ吉くん、そうだったのですね(TωT)
まさかの展開に涙が止まりませんが
しめじさんたちに可愛がられて
5年という烏骨鶏さんの寿命を全うできて
うこ吉くんは幸せな思い出を沢山抱えて
天国へと旅立って行ったことだと思います
お母さまのお話、虹の橋のお話じゃないですか?
天国へ行くには虹の橋を渡って行くんだけど
動物たちはひとりで渡ることはなく
その橋の手前で、飼い主さんをずっと待ち
いつかその日が来たら、飼い主さんと一緒に
虹の橋を渡って天国へ行く…というお話。
きっとうこ吉くんもこげ吉くんも
そこで待ってくれていますよ(*^^*)
これからもたくさんの思い出エピソード
楽しみにしていますね

鶏は生ゴミ扱いだなんてビックリしました
理解のある対応をしてもらえてほんとによかったです

めががん さんのコメント...

そうだったのですか。
お辛かったでしょう…。
いかん。涙が止まらない。
対応してくださった緊急連絡窓口の方も
おかあさまも、しめじさんの心を
あたためてくださるような言葉で
包んでくださったのですね。
だけど、そうですよね。
うちにゃんこの中でうこ吉くんも
こげ吉くんも不滅!!
私の心の中でも不滅です。

芽衣ママ さんのコメント...

神様が一つ願いを叶えて頂けるのなら、先代の三毛猫春に会いたいです。
会って「有難う。」と言いたいです
天国できっと会えると信じています。

しめじ さんのコメント...

奈津さん、有難うございます!!
「うちにゃんこ」を始める時に順を追って描いていこうと思ったので、お星様になったことは、伏せていました…

奈津さんも沢山の思い出があるのでしょうね…

うこ吉のエピソードまだまだあるので、どうぞお楽しみに(^^)

しめじ さんのコメント...

tamaさん、有難うございます!!
tamaさんに可愛いマウス画描いていただき嬉しいです(^^)
寿命、飼い方次第で、きっともっと長生きできたと思います…
でも最後まで普通に元気でいてくれて、それが救いです

「うちにゃんこ」では、引き続き元気なうこ吉が登場します。どうぞお楽しみに(^^)

しめじ さんのコメント...

爽也さん、有難うございます!!
こげ吉に続き、またまた驚かせてしまいましてすみません
(--)(__)
本当は、命日までにうこ吉のお話を全部描く予定だったのですが、まだまだ続きます。

いつもうこ吉に温かいコメントを有難うございました。
うこ吉はやっぱり、こげ吉と一緒に待っていてくれるのかなぁ…

これからも、うこ吉の活躍をお楽しみに(^^)

よをこ さんのコメント...

うこ吉くん…!そうだったのですか。2年前に…
ですが、仰るとおり『うちにゃんこ』の中では今までもこれからも、うこ吉くんもこげ吉くんも不滅です!
驚きと寂しさを感じつつ、天国の門のお話に目頭が熱くなりました。
また楽しかったエピソードを思い出されてはこの子達のことをえがいて教えてくださいね。
うこ吉くんのご冥福をお祈り申し上げます。

しえすた さんのコメント...

もしかして、これでしょうか?
ご存じだったらごめんなさい

虹の橋

天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘がひろがっていて、
動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。

病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻す。

過ぎ去りし日、彼らが夢にみたように。


動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別なだれかが、
あとに残してきた「だれか」がいないのを
寂しく感じているのだ。


動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。
あなたを見つけたのだ。

とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。

そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。

それから、あなたたちはいっしょに『虹の橋』を渡るのだ。

3にゃんママ さんのコメント...

うるうるうる(涙)
うこ吉くん、もう無くなって2年も経っていたのですね。
ちょっとショクです。
こげ吉くんの時もショックだったけど。。。
5年間、うこちゃんは幸せでしたね~、
優しいしめじご夫妻に保護されて。
でもまだまだエピソ-ドはアルのですね。
こちらではいつでもうこちゃんに会える。
これからも楽しいエピソード教えて下さいね。

お母様のお話、虹の橋のお話に似てますね。
虹の橋のたもとで動物たちは飼い主が来るのを待ってるっていうのと。
きっと、うこちゃんも、こげちゃんと一緒に天国の扉の前で待ってますよ。
でもきっとね、そこの暮らしも悪くないからいつまでも待ってられます、何十年後かに飼い主と会えるのを、気長にね☆
そうそうみなさんも言ってるように水浴びしながらね~♪

なこ さんのコメント...

うこ吉君…
しめじさんの家族になれて しあわせだったと思います
鶏生を まっとうして お空に旅立ったのだから~

私が幼稚園の頃に 実家にいた チャボは
近所の放し飼いの ニャンコに
襲われて死んでしまいました
チャボを  放し飼いにしていた なこ両親にも
非があったと思うし 何より 猫は悪くない
…と 
しめじさんの うこ吉君と チャボのことが リンクして
泣きました~エーン

でも うこ吉君のエピソード これからも
楽しみにしています(^_-)-☆

しめじ さんのコメント...

flowerさん、
うこ吉のお話に涙して頂いて有難うございます!
しめじもコメント読ませて頂きながら涙が止まりませーん
・゚・(つД`)・゚・
でも、年月が経ったからこそ、うこ吉もこげ吉もマンガに描けたのかもしれません…
こげ吉に続いて、今回も何度も涙しながらの更新となりました。
温かいコメントを頂いて、うこ吉の供養になると思います!
有難うございました!

しめじ さんのコメント...

LONさん、有難うございます!!
うぅ・・(ノ_<。)まさかの展開になってしまって御免なさい~…
でも、うこ吉の命日にはやはりお伝えしなければと思ってました。
「虹の橋」皆さんから続々とコメントで教えて頂いて、改めてネットの素晴らしさを感じています!
母が読んだのは、どなたかのエッセイで、その中でたぶんこの「虹の橋」を引用されたのだと思いました。
教えて頂いて有難うございました!
とてもいいお話ですね(T_T)

生ゴミ扱い…本当にびっくりですよね…

しめじ さんのコメント...

めががんさん、
うこ吉のお話に涙して頂き有難うございます!
もう、回覧板のコピーを捨ててしまったので、窓口の名前を忘れてしまったのですが、養鶏に関与されている方のようで、親切に対応して下さいました。
有り難かったです。

これからも、うこちゃん登場しますので、宜しくおねがいします(*´∀`*)

みつ江 さんのコメント...

ううっ。
朝から泣いた。
インフル流行りの今日この頃、うこ吉君の記事が少ないなあ、
と思っていたのです。残念ですね。
でも、きっとうこ吉君はしめじさん一家に飼われてしあわせな鳥生を
全うしたと思います。
きっと白いお花になって戻ってきます。

しめじ さんのコメント...

芽衣ママさん、有難うございます!!
三毛猫春ちゃん、天国で待ってくれてますね!
私も、天国で待っているであろう動物たちがたくさんいます(ノ_<。)

きっと再会できますよね!!

しめじ さんのコメント...

よをこさん、有難うございます!!
驚かせてしまって御免なさい…(ノ_<。)
皆さんの温かいコメントが、うこ吉へのいい供養になります。

でも、うこ吉もこげ吉もまた元気に登場します!
その時は、楽しんで読んでくださいね(*´∀`*)

しめじ さんのコメント...

しえすたさん、有難うございます!!
「虹の橋」というお話なんですね!
母は、どなたかのエッセイの中で引用されていたお話を読んだそうです。

そうか!みんな一緒に楽しく過ごせるんですね!!
なんて素敵なお話でしょう・゚・(つД`)・゚・
感動です!!
教えてくださり本当に嬉しいです!!
有難うございました(*´∀`*)

これからも、どうぞ宜しくお願いします!

メルヘン さんのコメント...

そうだったのですね・・(T_T)
ブログを電車の中で読んで泣いてしまって、恥ずかしかったです(T_T)

うこ吉くん、なんて幸せな鶏生だろ~といつも見ていました。
鶏さんってそんなに短命なんですね。
知りませんでした。
我が家でも2匹の雌の鶏を飼っていたので、うこ吉君の可愛さは分ります。

うちの子たちもある日突然亡くなったので、イタチに殺されたのだと思ってました。
でも、寿命だったのかも知れませんね。

そう、同じように前日まで元気、元気でした。

うこ吉くんも静かに眠ってしまったのですね。

「虹の橋」のお話、いいですね。
なんだか、また逢えると思うと嬉しいです。
うこ吉くん、暑い日はきっと、行水してますね(笑)

しめじ さんのコメント...

3にゃんママさん、有難うございます!!
こげ吉、うこ吉のことで驚かせてしまってスミマセン
(ノ_<。)
どちらも、描きながら泣けて泣けて…
でも、皆さんから温かいコメントを頂いて、本当に有り難いです・゚・(つД`)・゚・

「虹の橋」というお話なんですね!
母は、どなたかのエッセイの中に書かれていた話を読んだそうです。
それを基にしめじの空想で描いたので、ちょっと変わってしまいましたね
皆さんご存知で、有名なお話だったのですね(*´∀`*)
教えて下さって有難うございます!

しめじ さんのコメント...

なこさん、有難うございます!!
なこさんちでも、チャボくんを飼っていたのですね!
猫さんに襲われてしまって残念だったけれど…
でも、放し飼いで、自由で幸せだったと思います。

うこ吉も、自由にお庭を走らせてあげたかったなぁ…
(ノ_<。)

しめじ さんのコメント...

みつ江さん、有難うございます!!
いつも、うこ吉のことを心配してくださって、本当に有り難かったです・゚・(つД`)・゚・

うこ吉を埋めた花壇に、白い小花と共に真っ白なクレマチスが咲きます。
それまでは、あまり花つきが良くなかったので不思議です。
きっと、うこ吉の化身だと思います。

しめじ さんのコメント...

メルヘンさん、
電車の中で読まれていたのですね!!
スミマセン~(ノ_<。)
うこ吉のために涙して頂き有難うございます!

愛玩鶏で、長生きしている鶏さんの話はよく聞くので、うこ吉ももっと長生きしてほしかったです…

メルヘンさんちの鶏さんも、前日まで元気だったのですね!
一般に鳥はそうみたいですね。よく聞きます!
メルヘンさんちの鶏さんも、うこ吉もきっと、最後まで幸せでいてくれたと思います(*´∀`*)

maokon さんのコメント...

しめじさんはきっと、天国の入り口で
たくさんの動物に迎えられるのでしょうね。
私はmaoしか飼ったことがないので、
どちらが先になるなかわかりませんが、
私が先なら100%待つでしょうね〜
maoなしの天国なんてありえませんもの!                      

zigzag さんのコメント...

一枚目のお空に羽ばたくうこ吉くんの絵が、可愛くて切ないです。
うこ吉くんもこげ吉くんもお星様になってしまったけれど、こんなに多くの方が愛おしく思っているんですね。
私も、うこ吉くんとこげ吉くん、どちらも大好きです。
悲しいけれど...でも、これからもしめじさんの描かれる"可愛く元気なうこ吉くんやこげ吉くんの姿"が見られるのは楽しみです。

maru さんのコメント...

驚きました!
私うこ吉ちゃんのファンだったんですよー
あの水浴びしてる姿がすっごくかわいかった♪

そうですかー2回目の命日
しめじさんも心が落ち着くまで時間がかかったのですね

きっとうこ吉ちゃんは幸せだったんですねー
それをしめじさんに伝える為にめいいっぱいお花をさかせている

私も虹の橋のお話、信じます!
うこ吉ちゃんもこげ吉ちゃんも幸せに過ごしながらまた出会える日を楽しみにしていますよ☆

あはは、最近年をとったからか涙もろくなっていけませんね。
これからも素敵なエピソード楽しみにしていますね。

マサしの さんのコメント...

しめじさんのマンガを読んで涙したのはこれで3回目です(;_;)
うこ吉くん・・・
うこ吉くんが亡くなってたのにまるで生きてるように楽しくマンガ読ませていただいてました。

これからのエピソードも楽しみにしてます。
頑張れ、しめじさん!
そしてうこ吉くん&こげ吉くん、天国でお幸せに・・・

ねこさむらい さんのコメント...

うこ吉くんは庭に白いお花を咲かせて毎年幸せをとどけてくれるんでしょうね。
天国の門の前でずっと待ってるってはなしはじんと着ますね。
うちの子たちもまっていてくれるかなぁ。

しめじ さんのコメント...

maokonさん、有難うございます!!
私も待ちますよ~!

虹の橋の前で、みんなで楽しく待ってくれていると知って安心しました。
みんな、待ち合わせて、一緒に橋を渡れば、寂しくないですものね(*´∀‘*)

しめじ さんのコメント...

zigzagさん、有難うございます!!
うこ吉、こげ吉に温かいコメントを頂き、本当に嬉しいです。
とてもいい供養になると思います。

うこ吉には自分の白い翼があるから、きっと気持ちよく羽ばたいて行ったんだろうなと想像しながら描きました

これからも元気なうこ吉、こげ吉をお楽しみに( ◠‿◠ )

しめじ さんのコメント...

maruさん、有難うございます!!
うこ吉のファンだなんて、嬉しいです~(*´∀`*)
夏の水浴びはいつも気持ち良さそうで、楽しい思い出です!
「虹の橋」本当にいいお話ですね!
思いがけず、たくさんの方に教えて頂いて、ブログってやっぱり素晴らしいです(●^o^●)

うこ吉のために涙して頂き、有難うございました

しめじ さんのコメント...

マサしのさん、
何度も、涙して頂き本当に有難うございます(ノ_<。)

昨年のうちにうこ吉のエピソードを描き終えて、今回の命日のお話を描こうと思っていたのですが…
これからも、まだ生きているように描きますので、お楽しみに( ◠‿◠ )

しめじ さんのコメント...

ねこさむらいさん、有難うございます!!
きっと今年の春もたくさん白い花を咲かせてくれると思います(ノ_<。)

ねこさむらいさんも、天国の前で待っている子達がいるんですね!
みんなで、楽しく待っていると知って何だかとっても嬉しいです(*´∀`*)

レオまま さんのコメント...

初めまして~
いつも読み逃げでしたが、うこ吉ちゃんのお話にびっくりで・・・
しめじ家のみんなはとっても幸せだと思います。
うこ吉ちゃんもしめじ家で天寿を全うできたと信じています。
お母さんのお話、じ~んときました。
我が家も先に旅立った子が何匹もいますが、待っててくれてると思うと
切ないけど、嬉しいような気も・・・
これからも、ステキなエピソードを楽しみにしてます。

しめじ さんのコメント...

レオままさん、初めまして!
コメント頂き、有難うございます!!
今、レオままさんのブログ、ちょっと覗かせて頂きました~!ヽ(゚∀゚ )ノ
はちわれ猫さんと黒猫さんだ!!(人゚∀゚ )♡
他にも、たくさんいらっしゃるのかしら?
可愛いブログ!またゆっくり読ませていただきまーす!!

うこ吉のこと驚かせてしまいスミマセンでした。

レオままさんちの旅立って行った猫さん達も、入口で再会して待っていてくれてますね(*´∀`*)

これからも、宜しくお願いします!

たにやん さんのコメント...

昨日コメントしたつもりがうまく投稿できていなかったようなので遅くなってごめんなさい。
うこ吉くんの冥福をお祈りします。うこ吉くんは今頃天国の扉の前で元気に待っていてくれますね。このお話に出会えて、私もよかったです。我が家の猫たちとの別れがいつか必ずやってくることを思うと怖くて仕方ありません。でも、天国でまた一緒になれることを思えば少しさびしさが和らぐ気がします。
しめじさんのうこ吉くんをうちにゃんこの中で描き続けたはからいに感動しました。うちにゃんこならではのうこ吉くんにうれしい描き方ですね。これからもうこ吉くんの生き生きとした姿を楽しみにしています。

しめじ さんのコメント...

たにやんさん、
何度もコメント書いて頂き恐縮です~!

私も、今回うこ吉のことを描いたお陰で、「虹の橋」のことを知ることができました。
作者は不詳ということでさらに神秘的で素敵なお話です。
天国の前でまたいつか再会できると思うと、ホント寂しさも和らぎますねヽ(´∀`ヽ)

うこ吉に温かいコメントを頂き有難うございました。
これからもどうぞ宜しくお願いします。